[PR]

 12日午前6時50分ごろ、羽田空港で全日空の手荷物を搬送するベルトコンベヤーのセンサーが故障した。約40分後に復旧したが、仕分けが間に合わず、福岡、大阪、新千歳、那覇などへ向かう国内12便が手荷物を全く載せずに出発。他の10便も一部を載せなかった。

 全日空は後続便で手荷物を送り、宅配便も使って12日中に乗客に荷物が届くよう努めるという。目的地到着まで案内がなかった便もあり、全日空は「不手際を深くおわびしたい」としている。帰省ラッシュに重なり、数千人に影響が出たとみられる。