[PR]

元プロ卓球選手、ヤマト卓球代表取締役

 水谷隼のメダルは、日本の卓球史を変える快挙だ。世界選手権のメダル10個分以上の価値がある。まずは、おめでとうと言いたい。

 初めて水谷の卓球を見たのは、彼が中学2年生の時だった。ボールタッチや勝負勘が、他の子どもたちと明らかに違った。だが、留学先でのドイツでは、たくさんいる選手のうちの一人だった。

 水谷の基礎を作ったのは、ドイツの育成システムだ。練習場では、世界のトップクラスの選手と打ち合えた。今回、3位決定戦で対戦したサムソノフ(ベラルーシ)や、準々決勝で戦ったフレイタス(ポルトガル)と同じシステムで育ち、フレイタスとは同じ練習場で球を打ち合っていた。こうした環境で6年間鍛えたことが、今につながっている。

 日本でも、ナショナルトレーニ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも