[PR]

 米国防総省は12日、過激派組織「イスラム国」(IS)のアフガニスタンやパキスタンでの活動を統括するトップ、ハフィズ・サイード・カーン司令官を殺害したと発表した。

 同省によると、米軍が7月26日にアフガン東部ナンガルハル州でカーン司令官を標的にした空爆を実施し、殺害したという。

 トローブリッジ副報道官は「殺害は(ISの)勧誘活動に影響を与え、アフガンや地域での行動を途絶させるだろう」とした。カーン司令官は米軍への攻撃やアフガンでのテロ活動に直接関与してきたという。

 アフガンでのISは昨年夏以降…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも