[PR]

 顔はそっくり。身長も体重もほぼ同じ。史上初めて、三つ子がそろって五輪に参加する。エストニア代表としてマラソン女子に出る、レイラ、リナ、リリーのルイク3姉妹だ。

 みんな子供の頃から活発だった。ただ、本格的にスポーツに取り組んだことはなかった。30歳の3人がマラソンを始めたのは6年前。「自然の中を長く走るのが好きだったから」とリリーは言う。

 リーダーはいない。何事も話し合って決める。「1人よりも、3人の方が厳しい練習に耐えられる」とレイラ。記者会見での質問も、3人がそれぞれ言葉を補うようにして答える。

 遅咲きながら、励まし合って五輪出場の夢をかなえた。バルト三国の一つ、エストニアは、人口約130万人。「この小さな国を代表できることに誇りを持っている。ぜひ訪れて欲しい」とリナは言った。

 似たもの同士の3人だが、もちろん違いはある。レイラは絵を描くのが好きで、ダンスも教えていた。リリーは料理が得意だ。リナは教育学を学び、読書が趣味だという。

 一番速く走るのは誰かと問われ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら