[PR]

 熊本県南阿蘇村の川の車体から11日に収容された遺体は、熊本地震で唯一安否不明の熊本学園大4年、大和晃(やまと・ひかる)さん(22)=熊本県阿蘇市=だと、県警のDNA型鑑定で判明した。県が14日、発表した。

 地震で崩落した阿蘇大橋の下流400メートルで、大和さんの家族が車体の一部を発見したのを受け、県が9日から捜索。11日に土砂に埋もれた車の中から遺体を収容した。遺体はほぼ白骨化していたといい、司法解剖では身元を特定できず、県警がDNA型鑑定をしていた。