[PR]

 リオデジャネイロ五輪は13日(日本時間14日)、卓球女子団体の準々決勝があり、前回ロンドン五輪銀メダルの日本はオーストリアを3―0のストレートで下し、3大会連続の4強入りを決めた。

 1番手の福原愛(ANA)はゲームカウント3―0で快勝。2番手の石川佳純(全農)、ダブルスの伊藤美誠(スターツ)、福原組はいずれも1ゲームを落としたが、危なげなかった。

 準決勝は14日夜(日本時間15日朝)、ドイツと当たる。

こんなニュースも