[PR]

 高松市福岡町4丁目にある2階建てアパートの2階の一室で13日、女性の遺体が見つかった。香川県警は14日、死因について首を絞められたことによる窒息死だったと発表。被害者はこの部屋に1人で暮らす団体職員の木村友香さん(42)で、両手首を結束バンドで縛られていた。県警は殺人事件として捜査している。

 高松北署によると、木村さんは玄関にうつぶせの状態で倒れ、結束バンドは体の前で縛られていた。体に複数のあざも確認された。13日に木村さんと会う予定だった妹らが連絡の取れないことを不審に思い、部屋を訪問。施錠された玄関ドアの新聞受けのすき間から室内を見ると、木村さんが倒れていたという。

 木村さんは11日に親族と会った後、12日は欠勤していた。県警は木村さんがこの間に何らかのトラブルに巻き込まれた可能性が高いとみて、アパート周辺の防犯カメラの映像などを調べている。