プロ野球で1950年代に黄金時代を築いた西鉄ライオンズの中心選手で、野球評論家としても活躍した豊田泰光(とよだ・やすみつ)さんが14日、誤嚥(ごえん)性肺炎で死去した。81歳だった。通夜は23日午後6時、葬儀は24日午前9時30分から東京都品川区西五反田5の32の20の桐ケ谷斎場で。喪主は妻峯子(みねこ)さんと長男泰由(やすゆき)さん。

 茨城県大子町出身。水戸商で全国高校野球選手権大会に出場し、53年に西鉄(現西武)入り。強打の遊撃手として27本塁打を放ち、新人王に輝いた。56年には打率3割2分5厘でパ・リーグ首位打者。同年からの3年連続日本一に貢献し、稲尾和久、中西太らとともに2番打者として「野武士軍団」といわれた西鉄の黄金時代を築いた。

 63年に国鉄(現ヤクルト)へ移籍し、69年に引退。17年間の現役通算で1699安打、263本塁打、888打点で通算打率は2割7分7厘。2006年に特別表彰で野球殿堂入り。野球評論家としてテレビやラジオ解説のほか、雑誌や新聞などでコラムを執筆。辛口の批評で球界の問題点を指摘し続けた。