[PR]

 またしても、福原愛に非情な結末が待っていた。

 女子団体準決勝のドイツ戦の最終5番手でコートに立った。最終第5ゲーム、9―10。フォアハンドのスマッシュを連打した。その3発目。相手の苦し紛れの返球が、台の角(エッジ)に当たって角度が変わった。シングルス3位決定戦と同じ幕切れだった。

 福原は動かず、台を見つめた。相手のハン・インと握手もしない。「握手したら、負けを認めたことになる」。ボールはエッジではなく側面(サイド)に当たり、自分の得点だと思ったからだ。村上恭和監督が審判団に抗議をしたが、聞き入れられなかった。

 運に左右される前に、勝機はあ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら