[PR]

 九州で展開するコンビニエンスストア「エブリワン」の全店舗が、8月末までに閉店し、年末までに順次、ファミリーマートに衣替えすることがわかった。運営会社のココストア(名古屋市)が2015年12月、ファミマに吸収合併されたためだ。

 エブリワンは15年9月の合併発表時は九州各県に200店舗以上あったが、ファミマへの転換が進むなどして今年7月末時点で熊本県を中心に137店舗(「ココストア」含む)。年末までに、残り店舗を一斉に切り替える。フランチャイズ店のオーナーの意向などでファミマに転換しない店舗が出る可能性もあるという。九州のファミマは現在約1400店。

 エブリワンは1994年、熊本市の地場スーパー「寿屋」(02年に倒産)系のコンビニとして開業した。01年にココストアに買収されたが、店内で作る弁当や総菜、パンなどの独自のサービスが親しまれており、「エブリワン」のブランドは維持されていた。ファミマの広報担当者は「エブリワンの独自サービスを惜しむ声もあるが、今後も地域に愛される店作りを進めたい」と話した。(大畑滋生)