[PR]

 自律走行する無人のレーシングカーで勝敗を競う、まったく新しいタイプの自動車レース「ロボレース」が来年にも始まる。今月初め、その車両の基礎になるデザインが発表された。

 ロボレースは同じ動力性能を持つ10台の電動レーシングカーで勝ち負けを争う。同じ車を配分された各チームが争うのは人工知能の優劣だ。レース前に自律走行するためのプログラムをそれぞれの車に組み込む。一般的なレーシングカーと同じぐらいの大きさの車は路面の状況、ライバル車の挙動などの情報をセンサーで感知し、状況の変化に対応して走る。

 レースはコースを周回して速さを競うものと、コース上にある障害物を避けて走る二つの成績を争う計画だ。

 車を提供するキネティック社のスフェルドロフ最高経営責任者は「将来的に市販車の安全走行の開発のスピードが上がることに貢献できればうれしい」とロボレースの意義を話す。

 ロボレースは、同じく電気で走るフォーミュラEのサポートレースとして開催される。3季目を迎えるフォーミュラEは10月に香港で開幕戦を迎える。ロボレースは11月にデモンストレーションを行い、来年にも実戦を始めたい考えだ。

 これまでの自動車レースでは優勝したドライバーが表彰台の頂点に立っていたが、ロボレースではドライバー不在。優勝した車のプログラムを組んだコンピューターエンジニアが表彰されることになるという。(有吉正徳)