[PR]

 「生きている化石」と呼ばれるカブトガニが、山口県内の海岸でここ数年、一気に増えた。かつて北九州市で産卵が増えたことの影響とみられるという。同市では最近、大量死が話題になったばかり。関係者は今後のカブトガニの行方に注目している。

本州最後の繁殖地

 「カブトガニおったよ!」。8月6日、山口市秋穂二島の海岸で、子どもたちの歓声が上がった。波打ち際でドーム形の甲羅が二つ重なり、水中を漂う。「つがいです」。この日、観察会を催した原田直宏さん(64)が解説した。前が雌、後ろが雄の成体で、産卵の際にはこうしてつがいでくっついて泳ぐ。それぞれがとがった尾を伸ばし、鋭いトゲも持つ。

 カブトガニは6月下旬~8月上旬に産卵し、幼生は10年近くかけて脱皮を繰り返して成体になる。この日は産卵期の終盤だが、別のつがいも現れ、海底に潜り込んで泡を出しながら産卵した。原田さんは「良かった」と胸をなで下ろした。

 カブトガニは、恐竜が繁栄していた時代の化石と現在のものを比べても、ほとんど形が変わらない。クモやサソリに近く、エビやカニとは異なる動物で、米国の東海岸や東南アジア、台湾でも生息するが、「アメリカカブトガニ」など4種類しか確認されていない。

 日本にいるのは、このうちの1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら