[PR]

 お盆に迎えた先祖の霊を送る伝統行事「五山送り火」が16日、京都市内であった。強い雨の中、市街を囲む山々に浮かんだ火文字を、鴨川沿いなどから約3万人(京都府警調べ)の見物客らが見守った。

 午後8時、同市左京区の如意ケ嶽に「大文字」がともり、その後、東から西へと「妙法」「船形」「左大文字」「鳥居形」の火文字が次々と浮かんだ。五山では点火に先立って午後7時55分から1分間、熊本地震の犠牲者に黙禱(もくとう)を捧げた。(久保智祥)