[PR]

 中国甘粛省の酒泉衛星発射センターから16日未明、デジタル署名などに応用される量子暗号通信の技術を構築するための実験衛星「墨子号」が打ち上げられた。国営新華社通信が伝えた。量子暗号通信は、理論上解読や盗聴が不可能とされる先端技術で、衛星の打ち上げは世界初としている。

 量子暗号通信は量子力学の原理を応用した技術で、盗聴しようとすると情報が読み取れなくなり、痕跡も残るため盗聴が検知できるとされる。高い秘密保持が求められる軍事分野での応用にも期待されている。

 計画に加わる科学者は実験衛星の打ち上げについて、「世界をリードする地位を維持、拡大し、国の情報セキュリティーと情報技術のレベルを飛躍的に高めるのに役立つ」と新華社通信に話している。(北京=西村大輔)

こんなニュースも