【動画】「何か、違う壁を乗り越えられた気がする」と話す白井健三選手=永島学撮影
[PR]

 体操男子の種目別跳馬で銅メダルを獲得した白井健三(19)が16日朝(日本時間16日夜)、リオデジャネイロ市内で記者会見した。「前日の跳馬がオリンピックを通して最後の演技だったので、あまり結果は考えず、思い切って演技しようと思った。気持ちよく、悔いがないようにできたことはよかった」と振り返った。

 跳馬の1本目に、課題としていた新技「伸身ユルチェンコ3回半ひねり」を成功させてのメダルとなり、「何か、違う壁を乗り越えられた気がする。違う面でうれしさがこみ上げてきた」。

 4年後の東京五輪については、「(内村)航平さんにずっと頼ってきてしまっている現状は、いつかは打破しなければいけない。(今は)いい見本が一番近くにいるということを、しっかりといかして、今後僕たちが日本を引っぱっていかなければ」と話した。

 団体総合の金に続く2個目のメ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら