[PR]

 リオデジャネイロ五輪のバレーボール女子は16日、日本が準々決勝で米国に0―3のストレートで敗れ、準決勝進出を逃して、メダルが消えた。ロンドン五輪の銅メダル以上の結果を求めた日本の挑戦は、世界ランク1位の米国に阻まれた。五輪での初優勝をうかがう米国と、世界ランク5位の日本との実力差がそのまま出たストレート負けだ。

 二度と立つことがないリオのコート。日本の選手たちの最後の円陣は1分以上ほどけなかったが、ただただ、沈黙の時間が流れた。「悔しさでみんな言葉にならなかった」と荒木絵里香。主将の木村沙織は「4年間、ありがとう」とだけ、最後に言った。

 第3セット。米国のラーソンの…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら