[PR]

 面倒見の良い長女に、しっかりものの次女。そこに、無邪気な三女が加わった。本当の姉妹のような3人が16日、卓球女子団体で銅メダルをつかんだ。

 勝利の瞬間。コートにいた伊藤美誠(みま、15)は、笑顔で両手を突き上げた。ベンチで見守った福原愛(27)の目に、涙があふれ出た。「負けても勝っても、主将の私が動じたらダメ。絶対泣かないと思っていたけど、最後に、出ちゃって……」。石川佳純(23)から笑顔で抱きしめられた。

 福原と石川は4年前、ロンドン五輪の団体戦でも一緒に銀メダルを獲得した。その時は、まとめ役の平野早矢香(さやか、31)がいた。平野が引退し、新たに加わったのが、伊藤だ。

 昨年9月のアジア選手権から、福原が代表の主将になった。「自分はナンバー2タイプ。昔から副班長が合っていた」。気を使いすぎて、胃腸炎になった。

 どんな主将がいいのか。福原は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら