[PR]

 信用調査会社の東京商工リサーチによると、宅配ピザ事業の「ワンダー」(豊島区)が東京地裁から破産開始決定を受けた。アルバイト店員が店内の冷蔵庫に体を入れたり、床に寝そべったりした写真をインターネット上に公開した影響が響いたという。

 ワンダーは1993年設立で、大手宅配ピザのフランチャイズ店を都内や埼玉県で展開。2013年8月、東大和店(東大和市)の店員による悪ふざけ写真がネットに載り、店名などが特定されて客離れが起きたという。15年の売上高はピーク時より約4千万円少ない約2億1千万円になり、「この減収が響いた」(東商リサーチ担当者)という。負債総額は約2億400万円。

 13年には多摩市のそば店「泰尚(たいしょう)」が、アルバイトの男子大学生が店内の大型食器洗浄機の中で横たわった画像をツイッターに投稿した後、閉店している。(別宮潤一)