[PR]

元プロ卓球選手、ヤマト卓球代表取締役

 水谷隼が五輪の大舞台で、初めて中国トップクラスの選手に勝利を挙げた。中国の分厚い壁に、穴を開けることが出来た。水谷本人が自信を持つだけでなく、日本の卓球界全体に「頑張れば中国選手を倒せる」という意識を植え付ける良い機会になる。

 団体戦決勝の水谷の戦いぶりは、素晴らしかった。特に2―2で迎えた第5ゲームで、サーブの組み立てを変えて逆転勝ちした。シングルスで銅メダルを獲得して精神的にさらにたくましくなり、競り合いに強くなった印象を受ける。

 水谷の活躍に引っ張られるように、丹羽孝希、吉村真晴も成長し、選手層は格段に厚くなった。丹羽と吉村が組んだ3番目のダブルスも、第1ゲームを先取した。だが、ここから簡単に勝たせてくれないのが中国だ。今回の経験を生かし、さらに成長して欲しい。

 4年後の東京五輪に向けて、追…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも