[PR]

 県内の中高生の約2割がSNSでトラブルを経験――。こんな結果が、県総合教育センターの調査で分かった。スマートフォンや携帯電話などの平日の使用時間は2時間程度以上が中学2、3年で4割を超え、高校生では7割前後になった。

 センターが昨年11~12月、県内の公立小中高校・特別支援学校の40校で小学4年から高校3年の各学年計1万3552人にスマートフォンの使い方などのアンケートをして集計した。

 トラブルは、LINEなどのSNSでの悪口やグループ外し、画像などの要求・拡散など。トラブルがある人の回答で一番多いのは1~3回程度。小学生でも数%が経験していた。

 「スマートフォンや携帯電話な…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら