[PR]

(18日、レスリング女子53キロ級決勝)

 勝利の瞬間、マルーリスは顔を両手で覆い、マットに突っ伏した。第2ピリオドに吉田沙保里を押し込み、4ポイントを奪って逆転。米国女子レスリング史上、初の金メダリストになった。

 2015年に世界選手権55キロ級を初制覇したが、吉田は53キロ級へ移った後。リオで吉田と戦うため、自身も階級を下げた。「大好きなスイーツを我慢して、他の人のようにファストフード店やコーヒーショップにも行けなかった」。体脂肪は10%以上落ちたという。

 「沙保里は栄誉あるレスラーで、私の英雄」。憧れの相手を下し、試合後も、表彰式でも、喜びより感極まった。そんな24歳は記者会見で過酷な減量を振り返り、言った。「今はアップルパイが食べたい。チョコレートに、パンケーキ、アイスクリームも……」。ようやく、笑顔がはじけた。(藤木健