[PR]

 閉幕まであとわずかになったリオ五輪。最後まで、車の渋滞には悩まされた。

 開会式のあった5日は、会場のマラカナンスタジアムの手前でシャトルバスが足止めとなり、途中で降ろされた。大会が始まっても、シャトルバスの1時間遅れはざらだった。バスが来ると、外国の記者と一緒に「ようやく来たよ」と拍手で迎えたこともある。

 もっと大変なのは、五輪レーンが使えないリオ市民だ。特に夕方の通勤時間帯になると、大渋滞で車がほとんど動かない。道路のあちこちで、車線変更をする車のクラクションが鳴っていた。

 開幕の数日前。リオ市のパエス…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも