[PR]

 自宅で小6の長男(12)を包丁で刺したとして、愛知県警北署は21日、名古屋市北区上飯田北町2丁目の運送会社員、佐竹憲吾容疑者(48)を殺人未遂容疑で緊急逮捕し、発表した。「誤って刺した」と殺意を否認しているという。長男は死亡し、北署は殺人容疑に切り替えて調べる方針。

 北署によると、佐竹容疑者は21日午前10時ごろ、自宅マンションで長男の崚太(りょうた)君の右胸を刃渡り18・2センチの包丁で1回刺した疑いがある。佐竹容疑者は刺した後、近所の病院へ崚太君を抱えて連れて行った。病院関係者が110番通報したという。崚太君は出血のため、約1時間半後に死亡した。

 佐竹容疑者は妻と崚太君の3人暮らし。事件当時、妻は仕事で外出していた。佐竹容疑者は「長男と口論になった」と話しており、北署は詳しい動機を調べるという。