[PR]

 台風11号は21日、東北の太平洋沿岸を北上し、北海道に近づいており、夕方から夜にかけて上陸する可能性がある。さらに、八丈島の南の海上を北上している台風9号が、22日に東日本に接近する見通しだ。気象庁は、川の増水や土砂災害などに警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、北海道では、台風11号と前線の影響で22日夕までの24時間雨量が多い所で120ミリを予想。これまでの台風7号による大雨で、地盤が緩んだ地域で土砂災害警戒情報が出ている。18日から21日夕までの総雨量は北海道の根室地方などで200ミリを超えた。

 台風11号は21日午後3時現在、中心気圧は996ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。青森県八戸市の東約120キロを1時間に35キロの速さで北上している。北海道を縦断して22日未明には網走市の北約80キロに達する見込みで、午後には温帯低気圧に変わるという。

 また、小笠原付近を時速35キロの速さで進んでいる台風9号は、発達しながら22日には関東や東海に接近し、昼過ぎには上陸する恐れがある。23日に北日本に近づく見込み。東日本では1時間に50ミリ以上の雷を伴った非常に激しい雨が降り、局地的に1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るという。

 さらに、日本の南をゆっくり進んでいる台風10号は、今後勢力を強めて沖縄諸島に近づく恐れがある。