[PR]

 北方四島とのビザなし交流で国後島を訪れていた日本側訪問団の男性通訳1人が、ロシア当局による手荷物検査後に事情聴取を受けることになり、戻れなくなっていることが21日わかった。外務省は同日、在日ロシア大使館に男性を早期に解放するよう抗議した。ロシア側メディアは「現金400万円を持ち出そうとした日本人の男性が拘束された」と報じたが、この男性通訳かどうかは報じていない。

 実施主体の北方領土問題対策協会(東京)によると、訪問団(64人)は19日に根室港からチャーター船で国後島へ向かい、ロシア人島民と交流するなどして22日に戻る予定だったが、天候が悪化したため、21日早朝に根室港に戻った。協会は「外務省と協議した結果、台風11号によるしけを避けるためには、事情聴取の終了を待たずに出発せざるを得ないと判断した」としている。北海道の北方領土対策本部によると、1992年にビザなし交流事業が始まって以降、訪問団員が戻れなくなった例はこれまでなかったという。外務省ロシア課は朝日新聞の取材に「北方領土は日本固有の領土であり、ロシアの管轄権行使は受け入れられない。人道的な観点からも男性の早期解放を求めていく」と話している。

 日ロ関係筋によると、日本人男性は国後島を訪問中に現地の住民から根室の知人宛ての荷物を託され、その中に現金があった、との情報もあるという。

 ロシア・ユジノサハリンスクの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら