「私はLGBT」表明した出場選手が史上最多 リオ五輪

有料会員記事

リオデジャネイロ=田村剛
[PR]

 リオデジャネイロ五輪は、自ら性的少数者LGBT)と表明している選手の出場が五輪史上最多だった。米メディアの統計では、2012年のロンドン五輪の23人、08年の北京の10人を上回り、今回は少なくとも50人以上が出場。多様性をテーマの一つに掲げた五輪の象徴的な出来事になった。

 「これからの人生をずっと一緒に過ごしたい。あなたを愛してる」。8日、7人制ラグビー女子の表彰式が終わったばかりのデオドロ・スタジアム。ブラジル代表のイザドラ・セルロさん(25)に、試合運営を担当する恋人マルジョリ・エンヤさん(27)が突然、マイクを握ってプロポーズの言葉を贈った。

 「私も」。予期せぬサプライズに驚きながら、イザドラさんは涙を流して愛の言葉を受け入れた。2人は女性どうし。五輪の競技場で結婚を誓い合った2人のニュースは、熱い口づけを交わす写真と共に世界中を駆け巡った。

 ブラジルでは同性婚が認めら…

この記事は有料会員記事です。残り311文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら