[PR]

 22日午前5時50分ごろ、福岡県須恵(すえ)町須恵の住宅で、「子どもが亡くなっている」と、この家に住む建設作業員の父親(39)から110番通報があった。福岡県警によると、10~3歳の子ども4人が1階にある和室の布団の上に倒れ、すでに死亡していた。県警は無職の母親(41)が無理心中を図った疑いがあるとみて事情を聴き、容疑が固まれば殺人容疑で逮捕する。

 捜査1課によると、死亡したのは町立須恵第二小5年の淵(ふち)俊介君(10)、双子で同小1年の美唯(みゆ)さん(6)と美菜さん(6)、美桜(みお)ちゃん(3)の4人兄妹。首に絞められたような痕がある子どももいたという。

 一家は両親と子ども4人の6人家族。父親は前夜の午後11時ごろ就寝し、22日朝に起きたところ、4人が死亡しているのを見つけた。母親は室内で手首から血を流しており、駆けつけた警察官に「自分で包丁で切った」と説明。室内からは血の付いた包丁が見つかった。母親は病院に運ばれたが軽傷だったという。

 母親は今月19、20の両日、思い込みとみられる内容の110番通報をするなど、精神的に不安定だったという。県警は子どもに対する虐待の情報はなかったと説明している。県福岡児童相談所によると、家族や学校、町教委からの相談は受けていないという。

 須恵町は福岡市郊外のベッドタウンで、現場はJR須恵駅の南東約500メートルの住宅街。

 息子が美唯さん、美菜さんと同級生という女性(36)によると、2人は学校の中を一緒に探検するなど仲良しだった。「びっくりした。身近でこんなことがあるなんて」と話した。兄妹と同じ小学校に子どもが通う女性(38)も「ショックです。同じ小学校の子どもがそんなことに巻き込まれるなんて。何でこんなことが起きたのか、事実が知りたい」と驚いた様子だった。