[PR]

 神戸市中央区のJR三ノ宮駅前で5月、乗用車が暴走して歩行者5人が重軽傷を負った事故で、神戸地検は22日、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕された沢井国一容疑者(63)=同区=を、より量刑の重い同法の危険運転致傷罪で起訴し、発表した。

 起訴状によると、沢井容疑者は5月3日午前11時5分ごろ、JR三ノ宮駅北側で車を運転中、てんかんの発作で意識を失い、車を暴走させて歩道にいた5人を次々とはねて重軽傷を負わせたとされる。昨年8月と同10月にも運転中に意識を失って事故を起こし、自らが何らかの病気で意識障害に陥るおそれがあることを知っていた、とした。

 神戸地検は危険運転致傷罪を適用した理由について「事故前、てんかんと診断されていなかったが、過去に事故を起こし、運転中に意識を失うことがあったという趣旨の供述もした」と説明している。