[PR]

 三菱東京UFJ銀行と日立製作所は22日、ITを活用した金融サービス「フィンテック」を使い、小切手の発行・決済を電子化する実証実験をシンガポールで始めると発表した。2018年の実用化を目指す。将来は日本やアジア諸国に広げたい考えだ。

 実験では、決済などの取引記録を暗号化する「ブロックチェーン」と呼ばれる技術を活用する。同様の技術は仮想通貨「ビットコイン」などにも使われ、情報の改ざんが難しいとされる。日本でも使われる手書きの小切手では手形交換所を介して数日かかる取引が即時にでき、コストを大幅に下げられる。

 2社が新たなシステムを共同開発する。三菱東京UFJが電子小切手の発行や決済を担う。実験では、シンガポールの日立のグループ会社間で電子小切手のやりとりがうまくいくかを試す。

 シンガポールでは資金決済の6…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも