[PR]

 ゲーム機大手の任天堂(京都市)は、筆頭オーナーだった米大リーグ球団シアトル・マリナーズの所有権について、一部を残して22日までに売却した。売却額は6億6100万ドル(約660億円)。売却による利益や業績への影響は確認中だという。

 任天堂は4月、所有権を10%だけ残してほかのオーナーに売却する方針を発表した。米大リーグ機構の承認が得られたことで、売却手続きが進んだ。

 球団が経営難に陥っていた1992年、任天堂の当時の社長だった故・山内溥(ひろし)氏が個人で所有権を買って筆頭オーナーになった。2004年8月に任天堂の米国子会社が、山内氏の持ち分を約6700万ドル(約70億円)で取得していた。

 任天堂は今回の売却による資金…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら