[PR]

 名古屋市北区で21日、小学6年の佐竹崚太(りょうた)君(12)が自宅で包丁で刺され死亡した事件で、殺人未遂容疑で逮捕された父親の運送会社員、佐竹憲吾容疑者(48)が「中学受験をめぐり口論になって刺した」という趣旨の説明をしていることが愛知県警への取材でわかった。県警は23日、殺人容疑に切り替えて送検した。

 県警によると、佐竹容疑者は名古屋市内の私立中学を卒業。崚太君にも同校への進学を勧めていたという。佐竹容疑者は、崚太君が自分の期待通りに受験勉強をしなかったことに不満を募らせたといい、「口論になって刺した」などと説明しているという。事件当時、母親は仕事に出ており、自宅には2人きりでいたという。

 佐竹容疑者は21日午前10時ごろ、自宅マンションで崚太君の右胸を刃渡り18・2センチの包丁で1回刺した疑いがある。佐竹容疑者は自ら崚太君を近くの病院に運んだが、約1時間半後に死亡が確認された。司法解剖の結果、死因は胸を刺されたことによる失血死と判明した。

 崚太君と同級生の男子児童は「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら