川西政明さん(かわにし・まさあき=文芸評論家)が26日、急性心筋梗塞(こうそく)で死去、75歳。通夜は29日午後6時、葬儀は30日午前10時から横浜市南区永田北1の3の5のセレモマイホール南斎場で。喪主は妻栄江(よしえ)さん。

 河出書房新社で編集者として活躍し、退社後に文芸評論家に転じた。「わが幻の国」で平林たい子文学賞、「武田泰淳伝」で伊藤整文学賞(いずれも評論部門)。「新・日本文壇史」全10巻を著すなど、近年まで精力的に活動していた。