[PR]

 【松尾慈子】タイトルの通りのエッセー漫画である。働き過ぎでうつになりかけ、実家に帰ってみたら、著者が留守をしていた3年の間に実家は汚部屋になっていた、という内容。片づけと掃除のマニュアル本、ともいえるが、実は散らかった家には、家族の病理が反映されているのだ、という真実が明らかにされる、家族本でもある。

 読んでいて、汚部屋を短期間で美しくする著者の片づけ手腕にはスッキリするのだが、家族との関係性にはスッキリしないものが残る、だが、読後感は悪くない、という不思議な漫画である。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも