[PR]

 ちょっと諸君に話して置くがいやしくも蟬と名のつく以上は、地面の上に転(ころ)がってはおらん。地面の上に落ちているものには必ず蟻(あり)がついている。吾輩の取るのはこの蟻の領分に寐転んでいる奴ではない。高い木の枝にとまって、おしいつくつくと鳴いている連中を捕えるのである。これもついでだから博学なる人間に聞きたいがあれはおしいつくつくと鳴くのか、つくつくおしいと鳴くのか、その解釈次第によっては蟬の研究上少なからざる関係があると思う。人間の猫に優(まさ)る所はこんな所に存するので、人間の自ら誇る点もまたかような点にあるのだから、今即答が出来ないならよく考えて置いたらよかろう。尤も蟬取り運動上はどっちにしても差し支はない。ただ声をしるべに木を上って行って、先方が夢中になって鳴いている所をうんと捕えるばかりだ。これは尤も簡略な運動に見えてなかなか骨の折れる運動である。吾輩は四本の足を有しているから大地を行く事においては敢て他の動物には劣るとは思わない。少なくとも二本と四本の数学的智識から判断して見て人間には負けないつもりである。しかし木登りに至っては大分吾輩より巧者な奴がいる。本職の猿は別物として、猿の末孫(ばっそん)たる人間にもなかなか侮(あなど)るべからざる手合がいる。元来が引力に逆らっての無理な事業だから出来なくても別段の恥辱とは思わんけれども、蟬取り運動上には少なからざる不便を与える。幸(さいわい)に爪という利器があるので、どうかこうか登りはするものの、はたで見るほど楽では御座らん。のみならず蟬は飛ぶものである。蟷螂君と違って一たび飛んでしまったが最後、折角の木登りも、木登らずと何の択(えら)む所なしという悲運に際会する事がないとも限らん。最後に時々蟬から小便をかけられる危険がある。あの小便がややともすると眼を覘(ねら)ってしょぐってくるようだ。逃げるのは仕方がないから、どうか小便ばかりは垂れんように致したい。飛ぶ間際(まぎわ)に溺(いば)りを仕(つかまつ)るのは一体どういう心理的状態の生理的器械に及ぼす影響だろう。やはりせつなさの余りかしらん。あるいは敵の不意に出でて、ちょっと逃げ出す余裕を作るための方便かしらん。そうすると烏賊(いか)の墨を吐き、ベランメーの刺物(ほりもの)を見せ、主人が羅甸(ラテン)語を弄(ろう)する類(たぐい)と同じ綱目に入(い)るべき事項となる。これも蟬学上忽(ゆる)かせにすべからざる問題である。充分研究すればこれだけで慥(たし)かに博士論文の価値はある。それは余事だから、その位にしてまた本題に帰る。蟬の尤も集注するのは――集注が可笑(おか)しければ集合だが、集合は陳腐だからやはり集注にする。――蟬の尤も集注するのは青桐(あおぎり)である。漢名を梧桐(ごとう)と号するそうだ。ところがこの青桐は葉が非常に多い、しかもその葉は皆団扇(うちわ)位な大(おおき)さであるから、彼らが生(お)い重なると枝がまるで見えない位茂っている。これが甚だ蟬取り運動の妨害になる。声はすれども姿は見えずという俗謡はとくに吾輩のために作った者ではなかろうかと怪しまれる位である。吾輩は仕方がないからただ声を知るべに行く。下から一間ばかりの所で梧桐は注文通り二叉(ふたまた)になっているから、ここで一休息(ひとやすみ)して葉裏から蟬の所在地を探偵する。尤もここまで来るうちに、がさがさと音を立てて、飛び出す気早な連中がいる。一羽飛ぶともういけない。真似(まね)をする点において蟬は人間に劣らぬ位馬鹿である。あとから続々飛び出す。漸々(ようよう)二叉に到着する時分には満樹寂(せき)として片声(へんせい)をとどめざる事がある。かつてここまで登って来て、どこをどう見廻わしても、耳をどう振っても蟬気(せみけ)がないので、出直すのも面倒だから暫(しばら)く休息しようと、叉の上に陣取って第二の機会を待ち合せていたら、いつの間にか眠くなって、つい黒甜郷裡(こくてんきょうり)に遊んだ。おやと思って眼が醒(さ)めたら、二叉の黒甜郷裡から庭の敷石の上へどたりと落ちていた。

     ◇

 【しょぐってくる】(小便が)…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも