[PR]

 関西サッカーリーグ1部のアミティエSC京都(南区)が25日、新たに電力サービス事業を始めると発表した。アミティエと提携する新電力会社との契約に切り替えると、関西電力などの地域電力会社より電気代が安くなる。その差額分をチームに回してもらい、強化費などにあてる仕組み。関係者は「チーム支援の新しい柱になれば」と期待している。

 「電力事業の収益は、スクールなどの活動を通じて地域にお返ししていく。地域貢献と捉えて支援してほしい」。25日に記者会見したアミティエの堀込孝二社長は、こう説明した。

 4月に家庭向け電力販売が自由化されたことを受け、関西電力などの地域電力会社より割安な電力会社が次々と生まれている。

 これに対し、アミティエのサー…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら