[PR]

     七

 吾輩は近頃運動を始めた。猫のくせに運動なんて利(き)いた風だと一概に冷罵(れいば)し去る手合(てあい)にちょっと申し聞けるが、そういう人間だってつい近年までは運動の何者たるを解せずに、食って寐(ね)るのを天職のように心得ていたではないか。無事是貴人(これきにん)とか称(とな)えて、懐手(ふところで)をして座布団(ざぶとん)から腐れかかった尻(しり)を離さざるを以て旦那(だんな)の名誉と脂下(やにさが)って暮したのは覚えているはずだ。運動をしろの、牛乳を飲めの冷水を浴びろの、海の中へ飛び込めの、夏になったら山の中へ籠(こも)って当分霞(かすみ)を食(くら)えのとくだらぬ注文を連発するようになったのは、西洋から神国(しんこく)へ伝染した輓近(ばんきん)の病気で、やはりペスト、肺病、神経衰弱の一族と心得ていい位だ。尤(もっと)も吾輩は去年生れたばかりで、当年とって一歳だから人間がこんな病気に罹(かか)り出した当時の有様は記憶に存しておらん、のみならずそのみぎりは浮世の風中(かざなか)にふわついておらなかったに相違ないが、猫の一年は人間の十年に懸(か)け合うといってもよろしい。われらの寿命は人間より二倍も三倍も短いにかかわらず、その短日月の間に猫一疋(ぴき)の発達は十分仕(つかまつ)るところを以て推論すると、人間の年月と猫の星霜を同じ割合に打算するのは甚(はなはだ)しき誤謬(ごびゅう)である。第一、一歳何カ月に足らぬ吾輩がこの位の見識を有しているのでも分るだろう。主人の第三女などは数え年で三つだそうだが、智識の発達からいうと、いやはや鈍いものだ。泣く事と、寐小便をする事と、おっぱいを飲む事より外に何にも知らない。世を憂い時を憤る吾輩などに較(くら)べると、からたわいのない者だ。それだから吾輩が運動、海水浴、転地療養の歴史を方寸のうちに畳み込んでいたって毫(ごう)も驚くに足りない。これしきの事をもし驚ろく者があったなら、それは人間という足の二本足りない野呂間(のろま)に極(きま)っている。人間は昔から野呂間である。であるから近頃に至って漸々(ようよう)運動の功能を吹聴(ふいちょう)したり、海水浴の利益を喋々(ちょうちょう)して大発明のように考えるのである。吾輩などは生れない前からその位な事はちゃんと心得ている。第一海水が何故(なぜ)薬になるかといえばちょっと海岸へ行けばすぐ分る事じゃないか。あんな広い所に魚が何疋おるか分らないが、あの魚が一疋も病気をして医者にかかった試(ため)しがない。みんな健全に泳いでいる。病気をすれば、からだが利かなくなる。死ねば必ず浮く。それだから魚の往生(おうじょう)をあがるといって、鳥の薨去(こうきょ)を、落ちると唱え、人間の寂滅(じゃくめつ)をごねると号している。洋行をして印度洋を横断した人に君、魚の死ぬところを見た事がありますかと聞いて見るがいい、誰でもいいえと答えるに極っている。それはそう答える訳だ。いくら往復したって一匹も波の上に今呼吸(いき)を引き取った――呼吸(いき)ではいかん、魚の事だから潮(しお)を引き取(とっ)たといわなければならん――潮を引き取って浮いているのを見た者はないからだ。あの渺々(びょうびょう)たる、あの漫々たる、大海を日となく夜(よ)となく続け様に石炭を焚(た)いて探(さ)がしてあるいても古往今来一匹も魚が上がっておらんところを以て推論すれば、魚はよほど丈夫なものに違ないという断案はすぐに下す事が出来る。それなら何故魚がそんなに丈夫なのかといえばこれまた人間を待ってしかる後に知らざるなりで、訳はない。すぐ分る。全く潮水を呑(の)んで始終海水浴をやっているからだ。海水浴の功能はしかく魚に取って顕著である。魚に取って顕著である以上は人間に取っても顕著でなくてはならん。一七五〇年にドクトル・リチャード・ラッセルがブライトンの海水に飛込めば四百四病即席全快と大袈裟(おおげさ)な広告を出したのは遅い遅いと笑ってもよろしい。

   …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも