[PR]

 横浜市都筑区のマンションが傾いた問題で、市は26日、中規模の地震で建物にひびが入る恐れがあり、建築基準法に違反しているとして、販売元の三井不動産レジデンシャルと元請けの三井住友建設に文書で是正勧告を出した。

 市によると、西棟(86戸)で杭6本が支持層に届いておらず、震度5強程度の地震で柱やはりの一部にひびが入る恐れがある。ただ、震度7でも倒壊の恐れはない。

 三井住友建設は「厳粛に受け止めて真摯(しんし)に対応して参ります」とコメントを出した。住民で作る管理組合は9月19日の集会で全棟建て替えを決議する方針。(大森浩司)