[PR]

 音楽活動をしていた大学生冨田真由さん(20)がファンに襲われて一時重体となった事件で、東京地検立川支部は26日、群馬県伊勢崎市の無職岩埼(いわざき)友宏容疑者(27)を殺人未遂と銃刀法違反の罪で起訴し、発表した。岩埼容疑者の刑事責任能力の有無を調べるために鑑定留置していたが、責任能力があると判断した。同支部は認否を明らかにしていない。

 発表によると、岩埼容疑者は5月21日午後5時5分ごろ、東京都小金井市本町6丁目の雑居ビルで、冨田さんの首などを折り畳みナイフ(刃渡り約8・4センチ)で何度も刺し、殺害しようとしたとされる。冨田さんは一時意識不明の重体となったが、その後、意識が回復した。

 事件をめぐっては、自分や友人のツイッターに岩埼容疑者が書き込んだ内容について、冨田さんが事件前に警視庁に相談していたことが明らかになっている。警察庁は、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)でのやりとりを踏まえてストーカー事案に対処するよう、各都道府県警に指示した。