吉井長三さん(よしい・ちょうぞう=吉井画廊会長、清春白樺美術館理事長、本名吉井長蔵〈よしい・ちょうぞう〉)が23日、肺炎で死去、86歳。葬儀は近親者で営んだ。喪主は長男篤志さん。後日お別れの会を開く予定。

 65年、東京・銀座に吉井画廊を開き、80年に山梨県長坂町(現・北杜市)に清春芸術村を創設した。フランスの芸術家を日本に紹介した功績などで07年にフランス国家功労勲章コマンドールを受章。