[PR]

 熊本県球磨村を流れる日本三急流の球磨川で27日、「夢の1メートルに挑戦」とうたった「日本一の大鮎(あゆ)釣り選手権大会」があり、全国から76人が参加した。

 アユ3匹の体長の合計で競い、従来の記録は91・4センチ。この日、30センチ超えの「尺アユ」も8匹釣れたが優勝記録は計88・7センチで、記録更新はならなかった。

 優勝した同県八代市の農業平野富男さん(58)は20回目で初の栄冠。「夢」には届かなかったが、「大もの狙いをやめた」と「無欲の勝利」に浸った。