[PR]

 小学校の夏休みの宿題の定番となっている読書感想文。苦手意識を持つ子どもも多く、書き方を指南する本や塾の講座も目立つ。今夏、感想文の「書き方マニュアル」を配布した小学校があり、その詳細な内容をめぐってSNSで賛否両論の意見が飛び交った。感想文の指導はどうあるべきなのか。

 「これに従順にならえば恐ろしく画一的な感想文がいっせいに提出されることでしょう。ここに一体どんな教育的効果が?」

 8月7日、衆院議員の堀内照文氏(43)はツイッターに、小学校で配布された読書感想文の書き方マニュアルの写真を投稿し、つぶやいた。

 「読書感想文を書いてみよう」と題されたマニュアルはA4判1枚。童話「シンデレラ」を例に、書き出しでは小説の一部を抜き出す▽抜き出した部分について自分の考えを書く▽本を選んだきっかけ、読み始めたときの感想を書く▽自分の体験を書く▽書き出しの部分に戻る▽その本を読んで、自分がどう変わったかを書く――などとある。さらに「その瞬間、私は自分がシンデレラであるかのような気分になった」といった感想文の例文も記載し、物語にのめり込んでいる感じで書くことを勧めるなど、細かく指南している。

 投稿への反響は大きかった。リツイートは1万回以上にのぼり、「文章の技量が本当に鍛えられるのか?」などマニュアルを疑問視する意見の一方、賛成の声も少なくなかった。「『自由に書けばよい』と丸投げされても、小学生は困惑しかしない。これくらいやって当たり前」などだ。

 「配布した先生のやる気をそぐ」との指摘もあり、堀内氏は3日後に投稿を削除。自身のホームページで投稿の趣旨について、「先生批判ではなく、教育のあり方一般としての疑問だった」と説明した。

 マニュアルを配ったのは関西地方の公立小学校。学校によると、担任が感想文の書き方を指南する文面をネットで見つけ、「わかりやすいので参考に」と、内容を転載した紙をクラスで配ったという。教頭は「書き方がわからない子どももいる。形から入ることも必要ではないか」と話した。

 感想文が苦手な子は多いようだ。ベネッセ教育情報サイトが昨年8~9月、小学生の保護者に「子どもが一番てこずっているように見えた夏休みの宿題」を尋ねると、回答者132人のうち、読書感想文と答えた人は最多の約34%だった。「(子どもが)何を書いたらよいか理解していない」との声が目立ったという。

■「どれだけ本音で書け…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら