[PR]

 27日正午ごろ、名古屋市千種区今池5丁目の今池バス停近くの市道で、乗車しようとした同市守山区の無職女性(83)が、市バスに左足をひかれた。市交通局などが同日、発表した。女性は左足ひざ下の骨が折れる重傷だという。

 愛知県警によると、女性が乗車しようとした際、バスは既に乗降口のドアを閉めて動き始めていた。ドアに手をかけていた女性は転倒し、後輪に左足をひかれた。市交通局から業務委託を受けていた名鉄バスの男性運転士(51)は「女性に気づかなかった」と話しているという。車内の乗員乗客約10人にけがはなかった。