[PR]

 米グーグルがスポンサーの月面探査レースに日本から唯一参加する民間チーム「HAKUTO(ハクト)」が29日、探査機のモデルを発表した。全長58センチ、高さ約36センチで、最新の航空機などに使われる炭素繊維を使って重さを4キロに抑えた。4輪それぞれの中にモーターをつけ、月面の凸凹もスムーズに乗り越えられるという。

 レースは来年の予定で、探査機を月面で500メートル以上移動させ、撮った映像を通信で地球に送ることが課題だ。賞金は総額3千万ドル(約30億円)。探査機を月に送るには重さ1キロにつき約1・2億円かかるため、車輪の滑り止めの突起を減らすことなどで、7キロあった以前の試作機から大幅に軽量化した。

 ハクトの袴田武史代表は「日本の得意な小型化で、世界の探査機に比べて軽量にできた」と話す。KDDI、スズキ、日本航空などが通信技術や車両造り、整備などの分野で支援している。

 レースには16チームが参加予定。ハクトは9月下旬から月面の条件に近い鳥取県の砂丘で試験走行を重ね、米国チームと同じロケットに探査機を載せてレースに臨む。(藤崎麻里)