[PR]

 ことに所々に根を焼いた丸太が立(たっ)ているから、ちょっと休息に便宜がある。今日は出来がよかったので朝から昼までに三返やって見たが、やるたびにうまくなる。うまくなる度に面白くなる。とうとう四返繰り返したが、四返目に半分ほど巡(まわ)りかけたら、隣の屋根から烏(からす)が三羽飛んで来て、一間ばかり向うに列を正してとまった。これは推参(すいさん)な奴だ、人の運動の妨(さまたげ)をする、ことにどこの烏だか籍もない分在で、人の塀(へい)へとまるという法があるもんかと思ったから、通るんだおい除(の)き玉えと声をかけた。真先の烏はこっちを見てにやにや笑っている。次のは主人の庭を眺(なが)めている。三羽目は嘴(くちばし)を垣根の竹で拭(ふ)いている。何か食って来たに違ない。吾輩は返答を待つために、彼らに三分間の猶予を与えて、垣の上に立っていた。烏は通称を勘左衛門(かんざえもん)というそうだが、なるほど勘左衛門だ。吾輩がいくら待ってても挨拶(あいさつ)もしなければ、飛びもしない。吾輩は仕方がないから、そろそろ歩き出した。すると真先の勘左衛門がちょいと羽を広げた。やっと吾輩の威光に恐れて逃げるなと思ったら、右向(みぎむき)から左向に姿勢をかえただけである。この野郎! 地面の上ならその分に捨て置くのではないが、如何(いかん)せん、たださえ骨の折れる道中に、勘左衛門などを相手にしている余裕がない。といってまた立留まって三羽が立ち退(の)くのを待つのもいやだ。第一そう待っていては足がつづかない。先方は羽根のある身分であるから、こんな所へはとまりつけている。従って気に入ればいつまでも逗留(とうりゅう)するだろう。こっちはこれで四返目だたださえ大分労(つか)れている。いわんや綱渡りにも劣らざる芸当兼運動をやるのだ。何らの障害物がなくてさえ落ちんとは保証が出来んのに、こんな黒装束が、三個も前途を遮(さえぎ)っては容易ならざる不都合だ。いよいよとなれば自(みずか)ら運動を中止して垣根を下りるより仕方がない。面倒だから、いっそさよう仕(つかまつ)ろうか、敵は大勢の事ではあるし、ことにはあまりこの辺には見馴(みな)れぬ人体(にんてい)である。口嘴(くちばし)が乙に尖(とん)がって何だか天狗の啓(もう)し子(ご)のようだ。どうせ質(たち)のいい奴でないには極っている。退却が安全だろう、あまり深入りをして万一落ちでもしたらなおさら恥辱だ。と思っていると左向(ひだりむけ)をした烏が阿呆(あほう)といった。次のも真似をして阿呆といった。最後の奴は御鄭寧(ごていねい)にも阿呆々々と二声叫んだ。如何に温厚なる吾輩でもこれは看過出来ない。第一自己の邸内で烏輩に侮辱されたとあっては、吾輩の名前にかかわる。名前はまだないから係わりようがなかろうというなら体面に係わる。決して退却は出来ない。諺(ことわざ)にも烏合(うごう)の衆というから三羽だって存外弱いかも知れない。進めるだけ進めと度胸を据えて、のそのそ歩き出す。烏は知らん顔をして何か御互に話をしている様子だ。いよいよ肝癪(かんしゃく)に障(さわ)る。垣根の幅がもう五、六寸もあったらひどい目に合せてやるんだが、残念な事にはいくら怒(おこ)っても、のそのそとしかあるかれない。漸(ようや)くの事先鋒(せんぽう)を去る事約五、六寸の距離まで来てもう一息だと思うと、勘左衛門は申し合せたように、いきなり羽搏(はばたき)をして一、二尺飛び上がった。その風が突然余の顔を吹いた時、はっと思ったら、つい踏み外(は)ずして、すとんと落ちた。

     ◇

 【推参な奴】無礼なふるまいを…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも