[PR]

 強い台風10号は29日、東京・八丈島の南から北東に進んだ。30日朝には関東の東に接近し、夕方から夜にかけて東北地方に上陸する恐れがある。気象庁は、北日本と東日本の広い範囲で局地的に1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降ると予測。東北では記録的な大雨になる地域もあるとして、警戒を呼びかけている。

 30日午前0時現在、台風10号は八丈島の東約360キロを1時間に20キロの速さで北北東に進んでいる。中心気圧は960ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートル。30日昼には福島県いわき市の東南東約160キロに近づく。31日未明までには日本海に抜け、その後は温帯低気圧に変わる見通し。

 気象庁によると、1951年に統計を取り始めて以降、台風が太平洋側から東北に上陸する例はないという。30日夕までの24時間雨量は多いところで関東甲信で200ミリ、東北で350ミリを予想。東北は平年の8月分の雨量を上回るとみられる。

 29日に気象庁で会見した松本積・主任予報官は「これだけの雨が降る経験のない地域なので、今までにないような災害が起きる可能性がある」と話した。東北の太平洋側は、30日夕と31日未明が満潮と重なることから、高潮にも警戒が必要だという。

     ◇

 千葉県市川市の大洲防災公園で29日、台風10号を警戒して市が土囊(どのう)を無料配布した。

 同市では2013年の台風で床上浸水など大きな被害が出たことを受け、市民の手で災害を防ごうと公園内などに「土のうステーション」を開設した。この日、午前10時に同ステーションで配布が始まると、市民が次々と車で来て、職員たちと一緒に15~20キロの土囊を積み込んでいた。

 市によると1世帯20袋まで受け取れる。使用後は各家庭で備蓄する。高齢者らには配送もするという。(林紗記)