[PR]

 リオデジャネイロ五輪の卓球競技に出場した市ゆかりの3選手のメダル獲得を祝う懸垂幕(長さ12メートル、幅1・5メートル)が、青森市役所に掲げられている。30日までの予定。

 水谷隼(じゅん)選手(27)は、卓球個人で男女通じて日本人初のメダルとなる銅メダルを獲得し、丹羽孝希選手(21)とともに臨んだ男子団体で銀メダルに輝いた。福原愛選手(27)は、前回ロンドン五輪の団体女子銀メダルに続き、今回は団体で銅メダルをとった。3選手とも青森山田高校出身。

 鹿内博市長は「競技を通し、勇気と感動、子どもたちに大きな夢を与えてくれた3選手の活躍をたたえたい」とコメントした。

 市は3選手に、市民栄誉賞を授…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら