7月7日に83歳で亡くなったタレントで作家の永六輔(本名・永孝雄〈たかお〉)さんのお別れの会が30日、東京都港区の青山葬儀所で開かれ、親交のあった芸能関係者やファンら約1100人が参列。献花するなどして別れを惜しんだ。

 祭壇には、20代、50代、70代後半の頃の永さんの笑顔の写真が3枚並び、会場内には晩年まで続けたラジオ番組で話す永さんの声が流された。永さんの次女の永麻理さん(55)は「大きな骨つぼを用意したがあふれんばかりで、最後まで楽しませてくれる父。泣くのが嫌いだったので楽しい会にしたい」と話した。

 発起人代表で俳優の黒柳徹子さん(83)は、親しかった渥美清さんや中村八大さんらとの思い出を語り、「60年以上一度もけんかしない仲の良い友達だった。永さんがいないこの世の中は非常につまらない。色んな方が亡くなったが最後の一撃と感じています」とあいさつ。作曲家の小林亜星さん(84)も記者団の取材に「野坂(昭如)さんもいないし、友達がみんないなくなっちゃった」と話した。

 永さん作詞の「上を向いて歩こう」を歌った坂本九さんの妻で俳優の柏木由紀子さん(68)は「粋なすてきなおじさまでした。最初は怖い方かなと思っていたが、私たち家族に優しくして下さった」と振り返った。

 午後には、永さんが長年ラジオ番組を収録していた赤坂で永さんをしのぶイベントが開かれ、タレントの萩本欽一さん(75)や歌手の加藤登紀子さん(72)が思い出話や歌を披露した。

 永さんはテレビの草創期から台本や構成を手がけたほか、作詞やベストセラーとなった著書「大往生」の出版など、幅広い分野で活躍。長年続けたラジオ番組では、全国各地に出かけて伝統芸能などを紹介した。