【スライドショー】クマの楽園に観光客急増=矢木隆晴撮影
[PR]

 2頭の子を連れたヒグマの母親が湖畔に現れた。電気柵越しに、わずか5メートル先に立つ観光客が一斉にカメラのシャッターを押す。野生のクマたちに、人を怖がる様子はない。座り込むと、子グマを抱えて乳を飲ませ始めた。

 ロシア極東・カムチャツカ半島南部の自然保護区にあるクリル湖周辺には、約400頭のヒグマが生息する。基本的に単独で行動するクマを同時に20頭以上見られる時もある、世界でも珍しい地域だ。

 日ロ首脳会談でプーチン大統領が開発に意欲を示したロシア極東地域。目玉の一つが、雄大な自然が手つかずのまま残るカムチャツカ半島だ。ロシア政府は国際的なリゾート地にしようと、昨年8月に中心都市の一帯を観光特区に指定した。1980年代まで国民でも一般人は立ち入りが規制された地に、世界中から観光客が訪れ始めている。(カムチャツカ半島クリル湖=中川仁樹)

ベニザケで赤く染まる湖にクマ

 湖の中が、赤く染まっているように見えた。

 カムチャツカは7種類のサケ属が見られる珍しい地域だ。特にクリル湖には大量のサケが上ってくる。

 産卵が近いベニザケは体が赤くなる。その群れが浅瀬に近づいていた。背びれが時折、水中から出るたび、バシャバシャと大きな音がする。

 ヒグマがサケを探して、湖をじっと見つめた。狙いを定めると一気に加速。豪快に水中に飛び込む。捕まえると、尻尾を上にしてかぶりつく。

 「ゴリ、ゴリ」と骨をかみ砕く…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら