[PR]

 セルフ式のガソリンスタンドで給油する時に手間がかからず、手も汚れにくい「キャップレス給油口」が普及し始めた。豊田合成は30日、自社製のキャップレス給油口が国内販売車で初めて、日産自動車のミニバン「セレナ」に採用されたと発表した。

 手で開け閉めするキャップはなく、給油ノズルを差し込むだけで、二重のふたがバネ仕掛けで開く。ガソリンスタンドの多くがセルフ式の米国などではすでに広まっている。豊田合成は「セルフ式のスタンドは日本でも増えており、需要は高まっていく」(広報)とみている。