[PR]

 大型で強い台風10号は、30日午後6時前、岩手県大船渡市付近に上陸した。東北の太平洋側への上陸は統計を取り始めた1951年以降初めて。気象庁は北日本を中心に暴風や川の氾濫(はんらん)、土砂災害に警戒を呼びかけている。

 台風10号は30日午後5時現在、1時間に45キロの速さで北上。中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。今後は暴風域を広げて北西に進み、日本海に抜けて31日未明には温帯低気圧に変わる見通し。

 気象庁は、31日夕までの24時間雨量を北海道で200ミリ、東北で150ミリと予想。北日本の太平洋側では、31日未明にかけて高潮による浸水や冠水に注意が必要だという。